保護者失格。―線を越えた夜とは

保護者失格。一線を越えた夜はこちら▼
保護者失格。一線を越えた夜 無料立ち読み

 

ティーンズラブの世界では知らないものはいないとも言われる程多くの作品の原作を手がけており、根強いファンを持つikak先生

 

そして、まだ地名度は少ないものの同人では安定した人気を誇っており、ソーシャルゲームの「大正夜想曲〜囚われの令嬢〜」のイラストを担当したりと、現在非常に注目が集まっているつきのおまめ先生

 

この二人がタッグを組んだ作品が「保護者失格。一線を越えた夜」です。

 

保護者失格。―線を越えた夜のストーリー

保護者失格。―線を越えた夜の人気の理由は、なんといっても、叔父と姪という禁断の組み合わせ

 

8歳の時に両親を失ってしまった主人公のちづるを大切に育ててくれた叔父の瀬名。ずっと恋心を抱いていたものの、そう簡単に崩せる関係ではありません。

 

しかし、ひょんな事からちづるが暴走してしまい、二人の距離は一気に近づきます

 

引き取った頃から、今や一人前の女性に変わりつつあるちづると、そんなちづるを大切に娘のように思っていた瀬名の関係はもどかしくありつつも、どこか甘さを感じさせます

 

二人の人気作家について

ikak先生はティーンズラブでは有名な先生です。それは、ただ単純に多くの作品の原作を手がけているからという訳ではありません。

 

ただエッチシーンがあるという漫画ではなく、読み手がその世界に引きずり込まれるような内容を創りあげてくれるのです。

 

例えば、「保護者失格。一線を越えた夜」に登場するキャラクターは非常に魅力的です。主人公となるちづるの瀬名への思いは非常に健気ですし、些細な描写からもそれを感じさせます

 

また、瀬名からちづるへの思いと、理性のタガが外れてしまった際、そしてその後まで、しっかり描写されています。

 

ついつい、ちづるを応援したくなってしまうのですが、瀬名の気持ちだってわかるのです。それだけ丁寧に描写されているのです。

 

そして、その原作を漫画という形にしたのがつきのおまめ先生です。

 

ikak先生の原作がどんな内容で手渡されるのか私達にはわかりませんが、登場人物の微妙な心の変化もうまく表現されています。

 

セリフではなく絵でその感情を伝えるというのは難しい事でしょうが、それを見事に表現されています。例えば、ほんの些細な行動からも心理描写がわかりますので、1コマ1コマ気が抜けないですね。是非、細かな所まで見て頂きたいです。

 

そんな二人の手がけた「保護者失格。一線を越えた夜」を当サイトでは紹介させて頂いております。

 

どんな内容なのか気になる方の為のあらすじや、二人の先生についてもっと詳しくごご紹介させて頂いておりますので、作品をより楽しむ為にお役立て下さい。

 

保護者失格。一線を越えた夜の各話を詳しく知りたい方へ

ある事がきっかけで瀬名への気持ちがどんどん大きくなり、1人暴走してしまうちづるが瀬名との距離を縮める様を各話あらすじをみつことで詳しく知ることができます。

 

理性的に振舞おうとする瀬名とちづるは今後どうなるのか?!

 

参考サイト:保護者失格。一線を越えた夜の漫画をスマホで無料立ち読み